ピルでニキビが治せるって本当?

ピルでニキビが治る、こう聞いたことがある女性も多いようです。でも、実際は本当にピルでニキビは治せるのでしょうか。すでに服用している人も、これから試そうという人も、ピルでニキビが治せたら嬉しく思うかもしれません。

実は、ピルにはニキビを治す効果もあるようです。それは、ピルにはホルモンバランス整える効果があるからです。ニキビができるのに関わるのがホルモンバランスです。生理前など、ホルモンバランスが崩れると、ニキビができたり肌荒れができたりするのです。

 

生理などの時期には、女性ホルモンと男性ホルモンのバランスが崩れ、若干男性ホルモンが増加してしまいます。それに対して、ピルは男性ホルモンの増加を防ぎ、ホルモンバランスを整え、さらには生理周期を正しくします。

このように、ピルを飲むとニキビ予防になることもあるようです。実際に、ニキビが減ったり、ムダ毛が以前より薄くなった人もいます。

 

また、ニキビ予防だけでなくニキビ治療としても効果が見込まれます。実際に、頭皮ニキビや背中、胸ニキビなど、全身のニキビに効果的なピルは、注目をあびています。

しかし、色々な条件が重なってピルが効かないニキビもあることは、覚えておいたほうがいいかもしれません。フェイスラインや大人になってたくさんニキビが出来た、オイリー肌であるなどの場合はピルで治るとは限りません。

そのため、ニキビのためにピルを飲むというのは一考してからのほうがいいでしょう。もし服用するのであれば、副作用も必ず頭にいれましょう。吐き気やむくみ、乳房の張りやうつ状態になる可能性もあります。

ピルの副作用で逆にニキビが悪化したというケースもあるため、安易にピルを試すことは控えましょう。

 

まとめると、ピルは男性ホルモンを根本から抑制するということで、非常に有効なニキビ対策ではあるけれど、その効果には人によって差があり、服用の副作用も考慮に入れる必要があるということです。

また、ピルの服用はホルモンバランスを変化させることになるため必ず医師の診断が必要です。その際には、定期的な受診が必要になることも覚えておきましょう。

コメントは受け付けていません。