ニキビがある時はメイクはダメ?

女性にとってメイクは生活にかかせないものです。外出するにも、メイクなしでは出られないという女性も多いでしょう。例えば、近くのコンビニに行く時でも軽くメイクをするのは、女性にとって自然なことです。

もちろん、すっぴんに自信のある人や周りを気にしない人はそうではないかもしれません。しかし、ほとんどの女性にとって、外出するのにメイクはなくてはならないものです。

そんな時に、顔にニキビができてしまったらどうすればいいでしょうか。メイクはしてもいいのでしょうか。してもいいとするなら、何を工夫すればいいのでしょうか。

 

その答えは、ニキビがあってもメイクをしてもOK、ということです。とはいえ、メイクアイテムは刺激物であることに変わりません。

ニキビ刺激が少ないようなアイテムを選びましょう。お店では、ニキビでもケアできるアイテムも販売されています。ノンコメドジェニックのコスメを利用するとより良いでしょう。

ニキビには刺激が良くないから、ニキビができていると時にはメイクはしないほうがいいんじゃないかと思うかもしれません。しかし、逆に素肌のまま外出する方が危険だという意見もあるのです。素肌のまま外出すると、紫外線が肌にあたりやすくなります。

すると、肌を守ろうと角質層が厚くなり、かえってニキビができやすくなったり、悪化したりしてしまうのです。ですから、最低でもUVケアをする必要はあるでしょう。

 

その他にニキビができている時に気を付けるべき点は、リキッドファンデーションは控えるということです。それは、油分が含まれることが理由の1つです。パウダリーのようなふんわりしたメイクで、肌に優しいものにしましょう。またCCクリーム、BBクリームなども、肌に優しいためおすすめです。

メイクの方法ですが、ベースメイクはニキビを隠すようにしっかり行いましょう。コンシーラーはワントーン暗めのものを選びます。そしてしっかり塗って、ちゃんとぼかすと良いですね。その後は、コントロールカラーで肌色を調節して仕上げましょう。

最後に、顔にニキビがあっても安心してメイクできることをしっかり覚えておきましょう。メイクをしてニキビがひどくなったと思うのであれば、クレイジングや洗顔など他に理由があるかもしれません。

コメントは受け付けていません。