ニキビ跡へのレーザー治療 種類と費用のまとめ

ニキビ治療には塗り薬が使われるのが一般的です。一方で皮膚科では、レーザーによる治療も行われています。レーザー治療は、真皮の奥までしっかりと届くという特性があります。そのため、皮膚の奥深くで起こった炎症や、ニキビ跡にも直接的にはたらきかけることができます。

これは、レーザー治療特有の優れた点をと言えるでしょう。とはいえレーザー治療にも様々な種類があります。そこで、どんな施術が実際に行なわれているか、用途や効能とともにご紹介しましょう。

 

炭酸ガスレーザー

まず炭酸ガスレーザーです。これはレーザーで、ニキビなどのクレーターの角を削る手法です。比較的安い値段で治療できるため、多くの人が利用しています。特徴は、施術中の出血を最小限にとどめることができることです。

これは、炭酸ガスに水分に吸収されやすい性質によってもたらされるものになります。ただし、施術後は肌にかさぶた状の跡ができてしまうことも覚えおきましょう。そのため、その跡が元にまでに多少時間がかかる点に注意が必要です。

 

この方法は、ほぼ1回で施術が終わるためあまり時間がかかりません。そのため、早く治療したい人には向いています。また、費用は10,000~30,000円程度となるところが多いため、比較的トライしやすい方法かもしれません。

ただし、施術が失敗してしまい、跡が消えないというリスクもあります。そのため、クリニック選びはより慎重に行いましょう。

 

フレクセルレーザー

次にフレクセルレーザーです。これは、肌の表面にごく小さな開けるという方法です。角質よりも奥に作用するため、ターンオーバーを促進してくれます。この方法のメリットとして覚えておきたいのが、即効性があることです。

比較的に短期間で効果が期待できるでしょう。一時的に肌が赤くなり、かさぶたになりますが、それでも他の方法と比べて早いと言えるでしょう。しかし、費用も30,000~50,000円程度であり、4~5回の繰り返しで1セットとなるケースがほとんどのため、費用がかさんでしまうのがネックです。

また、終了までは何回か通う必要があるため、時間もかけないといけません。そのため、お金と時間の準備がかかるということも知っておきましょう。

 

クールタッチレーザー

最後にクールタッチレーザーです。この方法は、他のレーザー治療法とほぼ同じですが、レーザー照射と同時に冷却ガスを噴射することが特徴です。そのため、施術時の熱さをやわらげたり、火傷を防いでくれます。また、コラーゲンの生成を促す作用があります。

そのため、皮膚にうるおいとハリをもたらす効果も期待され、結果としてニキビも治してくれます。こちらの方法も、一回あたり30,000円~60,000円の費用がかかるそうです。さらに、複数回での治療が必要となるため、時間とお金の準備がマストになります。

 

レーザー治療は保険の適用外

どのレーザー治療を選ぶにせよ、注意したいのが、基本的に皮膚科のクリニックで行われる方法は、「保険の適用外」ということです。ということは、基本的に高額になるということも覚えておきましょう。

しかし、高額なだけあり、それだけの効果も期待できるのも事実です。とはいえ、治療費や治療方法などはクリニックによって異なってためクリニック選びがより重要になります。

また、キャンペーンやクーポンなどを使うクリニックもあるようなので、安く治療ができるようにするのもいいでしょう。時間とお金の準備に加えて、情報収集もしっかり行う必要があるかもしれません。

コメントは受け付けていません。