首ニキビの皮膚科での治療法について

首ニキビができたとしても、放置する人も多いようです。その理由は、治したいと思いながらも、目立ないからというのが正直なところでしょう。それは、実際のアンケート調査の結果からも明らかになっています。

あるアンケートで、ニキビを見つけた場合の行動を調査しました。その結果、2割の人は放置し、5割程度の人は自力でケアするというものでした。また、専門の医療機関を利用するという人は、全体の1割程度でした。

 

このように、できたとしても放置しがちなニキビですが、そのままにしてしまうリスクもあります。時に、ニキビが悪化し、一生顔に凸凹が残ってしまう人もいるのです。そういったニキビに対して、現代医学では様々なアプローチが確立されています。

にも関わらず放置しまう人が多いのは、ニキビができた後に何をすればいいか、分からないからではないでしょうか。そこで今回は、皮膚科で実際に行われている首ニキビの治療方法をご紹介します。

 

塗り薬

まず、塗り薬です。塗り薬は、最も簡単に治療できることの一つです。メリットは、多くの場合は保険の適用ができるために、治療費を抑えることができるところです。

例えば、「イオウ製剤」という塗り薬は、古くから愛用する人も多いです。それは、ニキビを予防することや炎症を抑制する効果が期待できるからでしょう。これは、イオウ製剤の洗浄力と殺菌力によるものです。

 

また、肌のターンオーバーを促進させてくれるというメリットもあるようです。最近であれば、「ディフェリンゲル」という塗り薬を使う人も増えています。この塗り薬は、海外では以前から長きに渡り使用されているようです。

毛穴を詰まりにくくする効果が、人気の理由かもしれません。ただ、「トレチノイン」という塗り薬もありますが、現状では保険の適用外となっています。そのため、あまりおすすめできません。

 

飲み薬

続いて飲み薬です。飲み薬も簡単な治療法です。敏感肌やアレルギーなどにより、塗り薬が使えない人に有効です。そもそも飲み薬は基本的に抗菌薬です。つまり、体の免疫力を高めることが目的です。

免疫を高めることで、炎症を起こしにくい状態を作るのです。こうした抗菌薬には、セフェム系、マクロライド系などの様々な種類があることが分かっています。ちなみに、塗り薬にも同じような成分があることが多いそうです。

 

理学療法

最後に理学療法です。多くの場合、ニキビやそれ以外の多くの肌トラブルに対しても有効だと考えられています。しかし、保険が適用されないために高額になりやすいというデメリットもあります。方法としては、面皰圧出と呼ばれる施術が代表的です。

これは専用器具を使って、ニキビの芯を取り除く方法です。炎症を起こす前の初期のニキビに効果的とされています。ですが、慎重に行う必要があることと、その後の処理やケアがいることも覚えておきましょう。

 

他にも、ケミカルピーリングという、方法も知られています。これは、特殊な薬剤を用いる方法です。古い角質を除去し、肌のターンオーバーを促すことが狙いです。この方法は、シワ・たるみなどの治療にも使われるそうです。

また、イオン導入という施術も試す人も多いようです。イオン導入とは、微弱電流を流すことで、有効成分を真皮層まで浸透させる方法です。有効成分とは、主にビタミンC誘導体や保湿成分のことを指します。

これらを肌の奥まで浸透させることで、ニキビに対する抵抗力を強くしてくれるのです。イオン導入は、上記のケミカルピーリングの後に行うとより効果的とされています。

コメントは受け付けていません。