漢方で顎ニキビが治るのか?

人は人生で2回ニキビで悩む。このように言われることがあります。1回目が思春期です。思春期は、成長ホルモンが多く分泌されるため、その影響でニキビが多くできてしまいます。ほとんどの人は経験しているかもしれません。

そして2回目が、化粧もできるようになった頃です。成長して大人になり、化粧も覚え立てのこの時期は様々な変化があります。例えば、仕事や学校、またはプライベートのストレスが挙げられます。他にも、ホルモンバランスが崩れてしまったり、肌の脂質が変わってしまうこともあります。

それらが要因となり、ニキビができてしまうのです。

 

巷で言われるニキビのケアは、この2つの時期を混同してしまうために、かえって良くない方法であることがあります。それは、2つの時期のニキビは、特徴も原因も違うため、それぞれにあった適切なケアが必要になるからです。

 

今回は、2つ目の大人ニキビのケアを紹介しましょう。その方法とは、漢方薬を使うということです。それは、漢方薬は対処療法ではなく根本治療に近いからです。そもそも、大人ニキビは生活習慣か体質からできるものが多いため、体の内側から体質改善していく必要があります。

それには漢方薬が合うのです。漢方薬は、即効性はあまりありませんが、体質改善効果が非常に高いとされています。その効果が見込まれるために、漢方成分を含んだ化粧品にあるほどなのです。

 

具体的な漢方薬の効果として、皮膚の乾燥を防いだり、ホルモンバランスの乱れを整えることが挙げられます。その他にも、代謝を上げて肌のターンオーバーを整えたり、バリア機能を強化したりします。このように漢方薬は、ニキビに対する抵抗力と回復力アップに貢献しているのです。

たかがニキビに漢方とはおおげさだと思うかもしれませんが、長年ニキビに悩まされている人は、試してみる価値はあるでしょう。ニキビ対策、ニキビケアの選択肢として、漢方について知識を得る。これが、ニキビの根本治療の第一歩になるかもしれません。

コメントは受け付けていません。