首 ニキビ しこり 治し方

ニキビを潰すと早く治る?

顔のイメージを邪魔する憎いニキビ。ついつい潰してしまいたくなるものです。ニキビに対して「早く潰すと治りも速い」という言葉を、聞いた事がある方も大勢いらっしゃるのではないでしょうか?今回は「ニキビ潰し」の話題です。皮膚科の医師のお話をまとめましたので、信憑性大です。

 

 

そもそも「ニキビ潰し」とは?

学生の時ニキビについて「潰す派」と「潰さない」派で分かれた事はありませんか?実は両方とも、五割合っていて、五割間違っています。考え方として、どちらも誤っているとは言えないからです。ただ、基本的に潰さない方が良い、という事は覚えておいてください。

 

なぜなら、潰す際に直接ニキビに触れる事になるからです。皮膚を傷つけてしまったり、指の雑菌が侵入して炎症を発生させてしまったりするのです。そしてかえって状況を悪化させてしまう事が良くあるのです。ピンセット等を用いる際も、除菌・殺菌を徹底しておかなければなりませんし、それに伴い、ニキビ周辺事態も確実にきれいにしておく必要があります。さらに、ニキビの中身を摘出するには、ピンセットをもってしても大きく、周りの皮膚が傷みやすくなるので、推奨はしません。

 

しかしそれでも、ニキビの中身を原始的に取り除く事は、有意義です。正しく除去してケアに移れれば、治りを早くする事はできます。それが本当の「ニキビ潰し」で、医療機関でプロが実行している外科治療の一つです。とても細い針状の道具やレーザーを用いて、衛生面に十全に配慮しつつ行っています。少し「潰す」という言葉のイメージとは、離れているかもしれませんが。

 

 

まとめ

この対立のまとめの一文は、「医療のプロが行えば意味はある、素人が潰せば逆効果」です。ただ、医療機関が行うにしても、治癒を促進する効果しかなく、治療を施してもらっても、即座にニキビの腫れあがりや炎症が消えるわけではありません。そして、ニキビが発生しにくい肌質に変化する事もありません。やはり、根本的にはニキビの元となるターンオーバーの狂いを戻し、健全な生活を送り、保湿や洗顔を確実に実行するのが大切です。