首 ニキビ しこり 治し方

ニキビ跡に残るシミケア

ニキビは、発生している間は当然として、治癒してからも、赤みやシミという形で跡になってしまいがちです。本来の肌に戻すためには、こうしたニキビ跡にはどんなものが残存しているのか、その辺りの事も確実に理解して、対応していく必要があります。医学界でもその作用の確証を得ている、ニキビ跡に残存したシミを除去するケアについて、解説していきます。

 

ニキビ跡の茶色いシミの正体は?

ニキビ跡のシミとして、一番多いのは、茶色いシミでしょう。このようなシミはニキビが悪くなり、炎症が合わさるような場合において、治癒後に生じやすい事が発覚していて、最悪一生消えないとまで囁かれています。このような茶色いシミは、メラニン色素によりできると言われています。炎症発生時に、肌で生成されてしまうものと見られています。

 

普通、健全な環境の肌ならば少しぐらいメラニンが発生したとしても、肌がターンオーバーを重ねるうちに、排出されて淡くなり、最後には、元の肌色に回帰するのですが、ニキビを誘因とする炎症が酷くなり、肌の奥の奥にある「真皮」にまでダメージが及んでしまうと、シミという形で、メラニン色素の色が残存してしまうのです。

 

紫・赤黒のシミ

赤や黒のような、紫色のような染みが発生する事がありますが、こういった色のシミが発生する事と、上で述べたようなメラニンとはかかわりがありません。こういった色のシミができる要因は、真皮における毛細血管の損壊にあります。化膿や炎症が酷くなると、表皮の奥部の真皮までダメージが伝わりますが、この際に毛細血管が壊れるなどし、血液が皮膚細胞に流出し、染みてしまうのです。

 

血は「赤」というイメージがあるかもしれませんが、それは酸素に触れたケースでのことです。赤血球が含有するヘモグロビンは、酸素に触れなければ黒色に近づきます。このような血液の色が細胞に染みて残存し、赤黒く紫めいた跡として、消えなくなってしまうのです。

 

ニキビ跡の肌を戻すケアは?

上で述べた要因によってニキビ跡には、シミが生じるのですが、色を生成する引き金がそれぞれ異なりますから、その原因ごとのケアが必須です。茶色いシミは、メラニンのせいで発生する炎症性色素沈着と言われ、これのケアには、普通ハイドロキノンという成分を含有する軟膏を用います。メラニンは、元からメラニンというわけではなく、本来はチロシンという物質であり、黒色メラニンに変わる原因として、紫外線などの外からの刺激などが挙げられます。

 

ハイドロキノンは、チロシナーゼの動きをブロックします。チロシナーゼは、チロシンの変化を直に防いでくれるので、メラニンの発生を抑えてくれるのです。ただ、肌質により、乾燥、痛み、かゆみなどの副作用が発生し得ますので、気を付けて使用しましょう。

 

肌のターンオーバーが重要

シミの種類や色に関わらず、ターンオーバーによって色素を追い出すのが、最もナチュラルで、安全度にも優れ、もちろん効果にも秀でていると言われています。ですから、ケアの一種は、ターンオーバーを正しくコントロールする事であり、そのためには、角質層の潤いを確実に保持する事が肝要です。潤い保護は当然として、乾燥から守る事も大切ですが、ホルモンバランスにも気を配る必要があります。男性ホルモンは、角質層の乾燥を起こしかねないため、ホルモンバランスが不安定になると、乾燥肌に近づいてしまいます。

 

生活リズムを一定に保つ事や、ストレス・疲労をためない事は前提条件として、体質により、不安定になりやすいなら、病院でのホルモン治療を視野に入れておくと良いでしょう。ターンオーバーのコントロールによって、肌の保護機能を上げておけば、既存のシミをケアする事は言うまでもなく、新規のニキビやシミの予防のためにも有意義です。実行してみて損はしない手段だと言っていいはずです。