首 ニキビ しこり 治し方

首周りにニキビ跡ができる要因と治し方

大半の人は、10代だけでなく就職などをしてからも、ニキビやニキビ跡が出来てしまった、という思い出があると思います。「ニキビ(跡)は、思春期ならではの問題」という見解は、ちょっと古いです。食事をはじめとした生活習慣・ストレス等の関係で、大人でもニキビ(跡)は発生します。
そんなニキビは、治癒したと思っても跡になってしまい、悩みの種になってしまう事が良くあるものです。「首の周辺にニキビ(跡)が発生してしまう」というトラブルは、大人になってからでもよくあり、決して思春期だけで終わるものではありません。

 

 

首の周囲にニキビ跡が残る要因

跡が残存してしまう要因は、大半が「ニキビを幾度となく繰り返され、症状が悪くなってしまった事」。特に首の周囲(デコルテ・フェイスライン周り)はニキビが発生しやすいため、何度も発生を続けるたびに、肌の奥の奥にまでダメージが積み重なってしまいます。そして、最終的に跡として残存してしまうのです。またこれ以外にも複数の要因が交錯しているケースが多いのも特徴です。

 

ホルモンバランスの不安定化や生理

男性については、男性ホルモンの影響を色濃く受ける部位ですし、女性の場合でも、生理のせいで毛穴詰まりが発生しやすくなります。特に女性については「ホルモンの過剰発生」要因である事も多く、これは大抵生理前に生じます。

 

食生活の乱れ

男性の場合も女性の場合も、現代人には食生活が乱れている人が多いです。具体的に言えば、食事の時間がバラバラである事や、栄養のバランスが悪いという事などです。食生活の乱れは、栄養不足など、身体への悪影響を及ぼします。そしてそれが、お肌にまで伝わってしまいます。

 

生活習慣の乱れ

特に睡眠不足等の、生活習慣の乱れは、皮膚に関してもトラブルの原因になります。さらにストレスもニキビ(跡)の要因になりかねません。人付き合いや仕事のストレスにより、食べすぎたり睡眠不足になったり、ホルモンバランスが狂ったりするからです。

 

誤ったスキンケア

過剰な洗顔やメイク、誤ったスキンケアなどで、お肌にダメージを与えてしまう事も、ニキビ(跡)の起因になります。

 

ターンオーバーの不安定化

首の周囲は、実は本来「ターンオーバーがスローペースな」部位です。ですから、首の周囲は特に「ニキビ跡が残存しやすい部位」になりやすいのです。

 

首の周囲のニキビ跡を消す方法

首の周囲にニキビ跡が残ってしまったら、「正確なスキンケア」を行って治す事が必須です。またそれ以外の重要な点としては、「睡眠・食事などの生活習慣の安定化」が挙げられます。

 

スキンケア方法の見直し

自らの肌の環境に適した手段を取る事が重要です。肌の環境は、ホルモンバランスや生理周期によっても変化します。その都度、状態に適したスキンケア方法を見つけ出し、実行しましょう。

 

生活習慣の見直し

食生活などの生活習慣を改める事によって、新陳代謝(ターンオーバー)を良化し、首の周囲のニキビ跡を薄くしていくことが可能です。ストレスを感じているならば、運動や趣味を楽しんで、上手く軽減させましょう。男性は、髭剃りの際も注意して下さい。肌を傷つけないよう工夫をしましょう。さらに保湿などの事後処理もしっかりと実行しましょう。